ハンディのある子ども達にも延長保育を

2015年1月26日 21時31分 | カテゴリー: 子育て, 活動報告, 高齢者、障がい児・者福祉

子育てをする中で、保護者が働いているいないに関わらず、子どもを預けることができる場所があることは、安心感に繋がります。それは、地域療育センターに通う障がいのある子どもたちを育てる方々ももちろん同じことです。ですが、実際には、地域療育センター(*)の子ども達には、有効な延長保育はないのだと、訴えるお母さんの声を聞き、ハッとしました。保育園や幼稚園では当たり前に利用されている延長保育、地域療育センターでも実施されることを切に望みます。

更に、青葉区は、障がい児、障がい者の支援拠点が極めて少ない地域です。養護学校や障がい者が地域で暮らすグループホームに至っては、空白地帯が広がっています。
支援拠点は、暮らしている地域のそばになければ、更なる苦労を強いることに繋がってしまうのではないでしょうか?
様々な人が安心して暮らしてゆける社会へ。横浜市へ働きかけをしていきたいと思います。

*地域療育センターは、障がいのある主に0歳から未就学児の療育に関する相談・診療・指導等を行っています。
地域療育センターあおば http://www.chiikiaoba.jp/