青木マキ・若林ともこ 政策発表&決起集会を開催しました!

2015年3月16日 08時34分 | カテゴリー: 活動報告

あざみ野駅そばに咲く河津桜

3月15日あざみ野山内地区センターにて多くの方に囲まれて「青木マキ・若林ともこ 政策発表&決起集会」を開催することができました。
前日、卒園式を終えた娘を連れ、窓の外には満開の河津桜!来月には私たちにも「さくら咲く」よう決意を新たにしました。

3つの政策をお話させていただきました

来賓のご挨拶では、上智大学教授の栃本一三郎先生と福島子ども・こらっせ神奈川の遠野はるひさんよりエールを賜わりました。栃本先生がご挨拶の中で、神奈川ネットは特別すごい政策を謳っている訳ではない。至って普通のことを普通に掲げているに過ぎない。けれど、今はそれが必要で、それが出来るのが神奈川ネットなんだ。というようなことを仰って頂きました。そのお話が今更ながら胸にストンと落ちる思いでした。私は、至って普通の女性であり、お母さんです。その一市民が「これって何か変だよね?」という事を集めたものが私の政策なのかもしれません。

たくさんのエールを頂きました

私の政策発表では、政策の3本柱「子育て・介護・エネルギー」についてお話をさせていただきました。加えて、遠くに感じる政治を少しでも身近に引き寄せたいとの思いも語らせて頂きました。神奈川ネットワーク運動のキャッチコピーでもある「それって政治だよ!」このフレーズそのままに生活の中から政治を、政治から生活を考えるそういう橋渡しの役目が出来ることが私の希望です。
そして、まさにそれを歌にしてくれたシンガーソングライターの高鳥佑太さんが「IDOBATA Say easy」を歌ってくれました。気軽に楽しむ会話の中にも「政治」が話題になるように。私はこの曲を勝手に自分のテーマソングと思っていつも聞いています。

高鳥佑太さんからは歌のエール!

更に、ご来場の方一人一人がメッセージをくださいました。沢山の笑いと、時にちょっぴり涙ぐんだりと熱い言葉の数々に、これは、ここにいる皆の選挙なんだ。とグッと背中を押された思いです。
後、統一地方選まで残り一月を切りました。ここからあっという間に日が過ぎていくのが、もう感じられます。ここからは時間が限られている中で、出来ることをしっかりと真剣に、でも笑顔を忘れずに行っていきます!

決起集会終了後、あざみ野駅、青葉台駅にて駅頭演説しました