若者と政治をつなぐミニフォーラム

2016年8月29日 23時40分 | カテゴリー: 教育, 活動報告

VOICE JAPAN高橋茂さん(右)とアンケート結果を報告する若林さん(左)

VOICE JAPAN高橋茂さん(右)とアンケート結果を報告する若林さん(左)

本日は「若者と政治をつなぐミニフォーラム」
VOICE JAPANの高橋茂さんをお呼びして、18歳選挙権の開始とネット選挙の今。そして、神奈川ネットが今年4月から行った若者と政治に関するアンケート調査の結果を紐解きながらのミニフォーラムを開催しました。

横浜市の先の参院選で初めて選挙権を得た18歳の投票率は、60.72%。19歳は52.49%。18,19歳合計で56.56%。
そして青葉区の18歳の投票率は、県内で最も高い67.54%。19歳は、58.35%。18,19歳合計で市内ダントツ62.94%です。
高橋さんによると、最初に投票すると、その後も投票するようになる傾向がある。ということで、この投票率は、嬉しい結果です。
神奈川県内各地の18歳、19歳の投票者数詳しくは、こちら

また、ネット選挙の解禁から3年。
選挙とインターネットの活用方法も多様化し、これからも時代と共に大きく変わるでしょう。デジタルネイティヴ世代と政治を結ぶツールとして、ネットの活用は必須です。変化を続ける今後のゆくえは、楽しみでもあり、不安でもあり。。。複雑な声も聞かれました。

そして、神奈川ネットの若者と政治に関するアンケートは、10代から30代を対象として行い、146人から回答が得られました。kininaru
一部をご紹介すると、「若者が気になる政策テーマ」は、
1位子育て支援、2位安全保障、3位原発、4位教育と続きます。
自身の近い将来を見据えた課題に関心が高いということが伺えます。
また、投票の際に重視すること。については、
1位は「政策」ですが、2位に「人柄」がランクイン!(3位は「政党」)
若者に限らず、こういったアンケートでは、「人柄」は挙がりますが、より比率が高いように思えます。
どんな風に人柄を見分けるのか…気になるところです。

ネット青葉では、このアンケート結果を受け、青葉区でも
10月2日(日)11:00〜
『若者と政治をつなぐ』ミニフォーラム
の開催を予定しています。アンケートにお答え頂いた方のご参加もお待ちしています。