我が家のパワーシフト

2017年5月22日 14時56分 | カテゴリー: 環境・エネルギー

マグネットを玄関にペタン!
パワーシフトを玄関先でアピール!

暑い日が続きます。日差しも許容値を超えそうですが・・・
こんな日こそ、この太陽の恵みをエネルギーに変えたい!と強く思います。

さて、エネルギーといえば、電力小売全面自由化から早くも1年が経過しました。しかし新電力への移行は5%に留まっています。
改めて神奈川ネットでは、自然エネルギーで電気を使いたい。という思いを伝える「パワーシフト見える化アクション」に取り組んでいます。
これは、「パワーシフト」をしたご家庭や事業所の目に見える所にステッカーやマグネットでアピールをすることで、パワーシフトを広げていこうという取り組みです。
*パワーシフトとは、自然エネルギーにパワー(=電気)を変えてゆこうという取り組みです。詳しくはこちら

かく言う我が家・・・実はまだ「パワーシフト」していませんでした。
近々引越しを予定している為に、そのタイミングで契約を切り替えようと考えていたのです。
この機会に、新築で家を建てる場合、入居と同時に希望の電力会社と契約するにはどうするのがよいのか、問い合わせてみました。
今回我が家が新たに契約をしようと決めた電力会社は「生活クラブエナジー」です。
*ちなみに自然エネルギー供給をめざすパワーシフトな電力会社は、一目でわかる「こちら」が参考になります。

これが申込書。赤枠が申し込み情報記入欄。青枠は、料金表を郵送かオンラインかを選ぶチェック欄と、生活クラブエナジーの「自然エネルギー基金」への参加チェク欄。我が家も基金へ参加することにしました。

生活クラブエナジーに問い合わせたところ、新築で家を建てた場合の電気契約は、多くが工務店や建築会社から、契約主を変更する形で契約を結ぶことが多いのだそうです。
そうするとやはり一旦東京電力と契約をしたのち、その契約を切り替える形になってしまう為、タイムラグが生じます。そこで、今の住居から契約を変えた上で、住所変更をした方がスムーズ。ということがわかりました。
契約の申込みから実際の切り替えまでは3ヶ月程度かかります。その為引越しの前に切り替わるよう、大急ぎで契約手続きをしました。

ポストへ入れれば準備完了!

正直なところ、契約を変えるのって、きっと面倒だろう。と覚悟をしていました。
しかし、申込み用紙を開けてみると、私が記入する書類は、たったの2枚。そのうちの1枚は口座振替依頼書ですので、申込み用紙はA4の片面1枚だけです。

その申込み内容も、電気の明細書が手元にあれば、5分でできます!驚くほど簡単でした。
口座振替依頼書も記入して、後はポストへ入れるだけ。
という訳で、実際の契約切り替えまでは3ヶ月ほど要しますが、あっという間にパワーシフト完了です!

これで、引越しの際には、住所変更をすれば、入居と同時に新電力で利用できる訳です。

ほんとに思った以上に簡単だったので、多くの方に、パワーシフトおすすめします!
そして、「パワーシフト見える化アクション」へのご参加、お待ちしています!