私の考え「子育て支援」

2015年2月5日 22時19分 | カテゴリー: 子育て, 活動報告

子育ての政策について、ご質問を頂いたのでこちらにも書きます。
私は、子どもを守ることは、未来を守ることだと思っています。
私の子も、地域の子どもも、どこかにいる困っている子どもも、皆私たちの未来です。
その子ども達の健やかな成長を守るため、防災・防犯はもちろんですが、安心安全な食の問題、教育の場と質、そして環境の問題にも注目しています。

0歳の頃の息子と・・・(10年前です)

子ども達が健やかである大前提として、保護者が子どもを育てやすい環境にいなければならないのは当然のことです。
未就学児ならば、保育園なのか、幼稚園・幼保園、はたまたそれ以外でも、年齢や環境、ライフスタイルに合わせた選択肢があり、当然どの選択においても、子どもの健やかな育ちを守られるべきです。保育園も、大規模から小規模、一時預かりまで、特色も多彩な保育園がたくさんあります。ただ入ることに必死になる保育園選びから、入りたい保育園選びへと変わってゆくことが望ましいと考えます。
小学校の放課後においても、はまっこ、放課後キッズクラブ、学童など、選択肢を残し、本当に必要とされる子育て支援となっていくよう働きかけていきたいと思います。
そして、本当に大切なその先にある保育や教育の質、食の問題に対してもしっかり取り組んでゆきます。